言葉が通じなくても…

こんにちは。
【縁】を彩り【ぱすてる】でつなぐ”縁ぱす”です。

いつも、縁ぱすの言葉綴をお読みいただきありがとうございます。
今回は「言葉が通じなくても…」について綴らせていただきます。

みなさま、日本語以外の言語は話すことはできますか。
縁ぱすは、日本語以外の言語は、英語と中国語が少々です。

やはり、少々であるので発している言語だけに集中してしまうと
何を言ってるのかわからなくなってしまう場合があります。

その場合、一緒にいる方がいる場合に、聞いていてもらったり対応をしてもらいます。

その間に私は話している方の思念にアクセスし、相手の方の思念を読み取り何を言いたい読み取ります。
これで大体は相手の意図が汲み取ることができ会話成立になってしまいます。

本当は言語を理解したほうが早いのですが…
ここは、自分の語学勉強不足ですね。

しかし、いいこともあります。

外国に行くとたまに悪意のある思念を発している人がいて悪意のある言葉を投げかけてくる人もいます。
言葉を理解している友人はとても嫌そうにしていますが、私は言葉での暴力は受けないし
悪意はシャットアウトしてしまえば気になりません。

私の友人で外国人の方がいますが、日本語も話せる方たちなのですが…
なにか知らせたくないことがあると母国語同士で会話します。

ついつい思念を読み取って突っ込んでしまいます。
そうすると、「アレ?言葉わかるんだっけ?」とびっくりされます。

しかし、私は不用意に思念にアクセスはしないようにしていますので
常に聞いているわけではありません。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす