性別とスピリチュアル

こんにちは。
【縁】を彩り【ぱすてる】でつなぐ”縁ぱす”です。

性別とスピリチュアル

いつも、縁ぱすの言葉綴をお読みいただきありがとうございます。
本日は「性別とスピリチュアル」についてお話したいと思います。

性別に関する私の持論

皆さんは、ご自身の性別についての認識はいかがでしょうか?

いきなりの問いかけになってしまい申し訳ありません。

私の持論をお話させていただきますと、
「ご自身で思われる性別認識で過ごして欲しいです。」

これは今の時代だから多種多様が大事という話ではなく
元々私がスピリチュアルの観点からも常々感じていることでございます。

なんでこの話をさせて頂くかと申しますと、
実際に性別の壁を感じてらっしゃる方が多いなと感じるからです。

性別の壁…

もちろん身体上の制約があり、自身の認識性別と反対の人間が怖いなどは致し方ないと思います。

でもです。

性別の括りというので見るのではなく、一人のパーソナリティとして接してみて欲しいのです。

せっかく素敵なカウンセラーさん・チャネラーさんがいらっしゃて、

「男性のカウンセラーさんだからな…」
「女性のチャネラーさんだからな…」

とブロックしてしまいそうな時は気にせずに
「○○さんだから会ってみたい」
「○○さんのセッションを受けてみたい」

で判断してみていただきたいのです。

最後に

セッションやお茶会などで
開催者が女性だから参加しづらいなとか
男性だらけで怖いな…

という気持ちは無くすな!!とは言いません。

でも、その人のパーソナリティが理解できたり直感的に会ってみたい・行きたい!
とか思われた際にはその壁を乗り越えてご自身の直感を大事にしてあげてほしいのです。

なかなか繊細な問題かも知れませんが触れてみました。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす