ガイド(守護霊・守護天使など)の視え方感じ方は人によって違う?

【縁】を彩り【ぱすてる】でつなぐ”縁ぱす”です。
いつも、記事をお読みいただきありがとうございます。

皆さんから良く耳にする話なのですが、「視える方に視てもらった際にガイド(守護霊・守護天使など)が違うものになったりする」ということ。
以後、ガイドとして私はお話をしますが、ガイドにも特徴だったり性格があります。

視える人に伝わるように伝える

ガイドは基本、視える人に伝わるように伝えます。
そのため、視覚で感じる方にはイメージが浮かんだり、言葉型の方は自己紹介されたりね。

その際に、大きな影響を受けている存在を伝えることが多いようです。

例えば、「大天使ミカエルがあなたに守護天使としてついています。」といわれる事もあると言われたとします。

実際はそうではないのです。

大天使ミカエル系のパワーの影響を持つ存在がついている事がほとんどです。

事実、○○がガイドとついてるよと言われた方を視てみると実際はその系譜の存在だったり、影響を多く受けている存在だったりするのです。

大きな存在

大天使と言われたりする存在だったり比較的大きなパワーを持つ有名な存在は、多くの人を見守っているのです。

そのため、誰にでもWelcomeで恩恵をくださるのです。
誰でもいつでもアクセスすれば恩恵をいただけるそれが大きな天使であったり、日本で言う神様だったりするのです。

より身近で手足となってくれるのが

それが、あなたのガイド。
身近で手足となり導いてくれる存在なのです。
ですので、系譜の大存在を伝えてしまうのが楽なようで伝えてしまうことが多いようですよ。

ニックネームも教えてくれますよ

私は良くニックネームを聞いたりします。どうやって呼べばいいかわからないからです。結構自分はフレンドリーに接しています。
存在によっては系譜の名前を使う存在が多いのですが、時に違うオリジナルの存在もいます(笑)

オーソドックスで言えば「マリア」系譜の「マリちゃん」とかでしょうか。
性別や年齢の概念もないようですが、地球人にわかりやすく男性的なとか女性的な感じで受け取りやすく視せてくれるようです。

存在を偽るガイドも…

これは、実体験のお話。

ある方のガイドさんへご挨拶させて頂いたところ、神話系の悪魔の姿を伝えられアクセスを拒む感じを1度受けました。

その時は、セッションでもなくついつい気軽な気持ちで行ったのが間違いでした。

後日、真剣にアクセスをし真意をお伝えしたところ正直な姿と、その姿に変えている理由を教えて下さいました。

その方は、簡単に言うと比較的いろんな方からアクセスされやすい雰囲気を持っておりガードとしてガイドがしているそうです。

なのでこの方のように、中途半端な状態、力の方が視た場合、悪魔が取り憑いてるよと言われることもあるかもしれません。

ですので、ご自身が感じるのが一番。

他者からのアクセスを守ってくれるガイドもいるので、ご自身で感じるようになるのが本当は1番。
それでも、厳しい場合は私までご遠慮無く相談ください。

誠心誠意を持って確認し、お話しお伝えします。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
アナタに素敵なご縁がありますように。

縁ぱす